Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/inginsurance/travel-insurance.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

治療・救援費用補償特約(B)

保険金の種類

治療・救援費用保険金【補償重複】

保険金をお支払いする場合

傷害治療費用部分

責任期間中のケガのため、治療(注3)を受け、被保険者が治療費用を負担した場合

疾病治療費用部分

次のいずれかに該当し、被保険者が治療費用を負担した場合

  1. 責任期間中に発病した病気または責任期間終了後72時間以内に発病した病気(その病気の原因が責任期間中に発生したものに限ります)のため、責任期間終了後72時間以内に治療(注3)を開始した場合
  2. 責任期間中に感染した感染症(注2)により、責任期間が終了した日からその日を含めて30日以内に治療(注3)を開始した場合

救援費用部分

次のいずれかに該当し、保険契約者、被保険者または被保険者の親族が捜索救助費用などを負担した場合

  1. 責任期間中のケガまたは自殺行為のため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡した場合
  2. 責任期間中に被ったケガの治療(注3)のため、3日以上続けて入院した場合
  3. 責任期間中に病気、妊娠、出産、早産または流産により死亡した場合
  4. 責任期間中に発病した病気のため、責任期間終了日からその日を含めて30日以内に死亡した場合。ただし、責任期間中に治療(注3)を開始し、かつ、その後も引き続き治療(注3)を受けていた場合に限ります。
  5. 責任期間中に発病した病気の治療(注3)のため、3日以上続けて入院した場合。ただし、責任期間中に治療(注3)を開始していた場合に限ります。
  6. 責任期間中に被保険者が搭乗している航空機・船舶が行方不明になった場合または遭難した場合
  7. 責任期間中の事故により被保険者の生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動を要する状態となったことが警察等の公の機関により確認された場合

お支払いする保険金の額

傷害治療費用部分・疾病治療費用部分

治療費用の額

被保険者が負担した次の費用のうち社会通念上妥当な金額をいいます。ただし、ケガのときは事故の発生の日、病気のときは初診の日からその日を含めて180日以内に必要となった費用に限ります。

  1. 医師、病院に支払った診察・入院関係費用(緊急移送費、移転費、医師の指示により静養する場合の宿泊施設の客室料(*)を含みます)
  2. 治療のために必要な通訳雇入費用、交通費
  3. 義手、義足の修理費(ケガの場合のみ)
  4. 入院のため必要となった次の費用。ただし、1回のケガ、病気につき次の金額が限度となります。ア.国際電話料等通信費(20万円)イ.身の回り品購入費(5万円)
  5. 旅行行程離脱後、当初の旅行行程に復帰または直接帰国するために必要な交通費、宿泊費(*)
  6. 保険金請求のために必要な医師の診断書費用
  7. 法令により公の機関より消毒を命じられた消毒費用

(*)払戻しを受けた金額や負担することを予定していた金額は差し引きます。

※ カイロプラクティック、鍼(はり)または灸(きゅう)に関する治療費用は対象外となります。

※ 1回のケガ、病気につき、治療・救援費用保険金額が限度となります。

救援費用部分

救援費用の額

保険契約者、被保険者または被保険者の親族が負担した次の費用のうち社会通念上妥当な金額をいいます。

  1. 捜索救助費用
  2. 現地へ赴く交通費(救援者3名分・1往復分限度)
  3. 宿泊料(救援者3名分・1名につき14日分限度)
  4. 救援者の渡航手続費ならびに救援者または被保険者が現地で支出した交通費、身の回り品購入費、国際電話料等通信費。ただし、合計で20万円が限度となります。
  5. 現地からの移送費用(払戻しを受けた金額や負担することを予定していた金額、傷害・疾病治療費用部分でお支払いする金額は差し引きます)
  6. 遺体処理費用。ただし、100万円が限度となります。

※ 1回のケガ、病気、事故につき、治療・救援費用保険金額が限度となります。

保険金をお支払いできない主な場合

次のいずれかによって発生した費用については保険金をお支払いできません。

傷害治療費用部分

  1. 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失
  2. 被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為
  3. 被保険者が次のいずれかに該当する間に発生した事故
    ア.法令に定められた運転資格を持たないで自動車または原動機付自転車を運転している間
    イ.道路交通法第65条第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車または原動機付自転車を運転している間
    ウ.麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車または原動機付自転車を運転している間
  4. 戦争、外国の武力行使、革命、内乱等の事変
  5. 核燃料物質などの放射性・爆発性・有害な特性による事故
  6. 上記5.以外の放射線照射または放射能汚染
  7. むちうち症または腰痛等で医学的他覚所見のないもの(注1)
  8. 乗用具を用いて競技等をしている間
  9. 旅行開始前、終了後に被ったケガ
  10. 別記の「補償対象とならない運動等」を行っている間に被ったケガ

など

疾病治療費用部分

  1. 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失
  2. 被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為
  3. 被保険者が次のいずれかに該当する間に発生した事故
    ア.法令に定められた運転資格を持たないで自動車または原動機付自転車を運転している間
    イ.道路交通法第65条第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車または原動機付自転車を運転している間
    ウ.麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車または原動機付自転車を運転している間
  4. 戦争、外国の武力行使、革命、内乱等の事変
  5. 核燃料物質などの放射性・爆発性・有害な特性による事故
  6. 上記5.以外の放射線照射または放射能汚染
  7. むちうち症または腰痛等で医学的他覚所見のないもの(注1)
  8. 妊娠、出産、早産または流産に起因する病気
  9. 歯科疾病
  10. 旅行開始前に発病した病気(既往症)
  11. 山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するものをいいます)を行っている間に発病した高山病

など

救援費用部分

  1. 保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失(*)
  2. 被保険者の闘争行為、自殺行為(*)または犯罪行為
  3. 被保険者が次のいずれかに該当する間に発生した事故
    ア.法令に定められた運転資格を持たないで自動車または原動機付自転車を運転している間
    イ.道路交通法第65条第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車または原動機付自転車を運転している間
    ウ.麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動
  4. 戦争、外国の武力行使、革命、内乱等の事変
  5. 核燃料物質などの放射性・爆発性・有害な特性による事故
  6. 上記5.以外の放射線照射または放射能汚染
  7. むちうち症または腰痛等で医学的他覚所見のないもの(注1)
  8. 旅行開始前、終了後に被ったケガまたは旅行開始前に発病した病気(既往症)による入院
  9. 妊娠、出産、早産または流産に起因する病気および歯科疾病による入院
  10. 別記の「補償対象とならない運動等」を行っている間に、保険金をお支払いする場合の●救援費用部分の2.、5.、6.、7.に該当した場合

など

(*)自殺行為により死亡した場合には保険金をお支払いします。